10月19日、20日に東京ファッションタウンで開催されたKOMIセミナーに阪南からも参加しました。


10月19日は、金井一薫先生の「看護覚え書」を現代の視点で読み解くをテーマに「新版ナイチンゲール看護論・入門」を1日かけて教えて頂きました。

新たな知見もあり、大変わかりやすく書かれているので、講義の前後に読み、更に理解が深まりました。


昨年のセミナーで講師を務めた半田ナースは、今回は受け付けのお手伝い。先生のサイン会のアシスタントでした。



2日目

「うつをナイチンゲール看護論で解く」というテーマです。まずは後生川礼子先生の講義でした。
先生は、現役看護師時代に突然うつになられ、病気を克服されるまでの壮絶な実体験をお話しされました。薬に頼らず、生活過程を整えることで、病気を治されました。3人のお子さんの母であり、妻であり、現在はうつ専門カウンセラーとして、熊本を拠点に活躍されています。




後生川先生が、全国の精神科医で薬を頼らず治療してくれる医師を探して探してたどり着いたのが、
獨協医科大学埼玉医療センター・心の診療科教授  井原裕先生です。



先生は、治療には薬ではなく、1日7000歩、7時間睡眠、お酒はあまり飲まないことを続けることで、うつは回復に向かうのだと話されました。うつは、生活習慣を見直すことで、良くなっていく心の回復過程という話でした。生物学的、社会学的な捉え方も、ナイチンゲール看護論と同じでした。また、阪南にも井原先生のようなお考えの医師が居ることもあり、親しみある講義内容でした。


2日間の充実したセミナーを受けて、帰ったら益々看護であるものを実践したくてたまらなくなりました。私だけちゃいますよ。



国際展示場駅の昼と夜


byー三女Mき

4姉妹、長女のK子です。

8月31日〜9月1日の2日間、

日本赤十字看護大学で開催された「日本看護歴史学会」に参加してきました。

 

歴史学会への参加も初めてでしたが、日本赤十字看護大学に行くのも初めて。

なので大学前までバスで行く方法もありましたが、
メトロ日比谷線で「広尾」まで行き、そこから歩いて大学に向かいました。

「広尾」で降りてびっくり!
お洒落なお店だなあと思って見ると、なんと中原淳一ショップ「それいゆが…!
全国で唯一の専門店だそう。
ショップの右隣には「カフェ・ミケランジェロ」があって、いい雰囲気でした。

 





坂道をのぼって行くと、聖心女子大学。



 

4姉妹、長女のK子です。

 

2019年6月27日、記念すべき日になりました。

大阪サミット?

いえいえ、そうではありません。

 

何と25年ぶりに『ナイチンゲール看護論・入門』の改訂版、新版 ナイチンゲール看護論・入門が出版されました!

 

待ちに待った改訂版!

金井一薫先生の長年の研究テーマであった、

「病気とは回復過程である」が、新しい視点で読み解かれています。

一気に読んでしまいました。

 

わかりやすい!

実践で役立つこと間違いなしの一冊です。

 

 

今年度定例学習会
石川元副院長の「看護覚え書」第2回目でした。


読んだだけでは、なかなか理解しずらくても、石川元副院長に教えてもらえることで、興味も湧いてきます。
日常的に耳慣れた文言もあるので、そういうことか、と、スーッと入る学習会です。

皆んな真剣に学んでいました。

by-三女M

4姉妹、長女のK子です。

5月12日はナイチンゲールの誕生日。

1820年生まれなので、来年、生誕200周年を迎えます。

WHOでは、生誕200周年を記念し、

 

   「2020年 看護の年と宣言。

今日は、看護について考える日にしたいと思います。



4姉妹、長女のK子です。

3月24日、ナイチンゲールKOMIケア学会解散総会が開かれました。




詳細はナイチンゲールKOMIケア学会のHPをご覧ください。

https://blog.goo.ne.jp/fnkomi
 

 

解散総会は午後から。
いつもはとんぼ返りですが、前泊して午前のあいた時間に湯島聖堂を散策。


ソラシティ・カンファレンスセンターから湯島聖堂を臨む

 

寺でも神社でもなく、

儒教の始祖・孔子をまつり、「日本の近代教育発祥の地」といわれている湯島聖堂。

 

4姉妹、長女のK子です。

徳島文理大の大学院に通い始めて1年が経とうとしています。

徳島と言えば、阿波おどり、すだち、人形浄瑠璃、眉山…等々、いろいろと思い浮かびます。




私はここに、ポルトガルの外交官であり文筆家であったモラエス(ヴェンセスラウ・デ・モラエス)を加えます。

モラエスの存在を知ったのは、18歳で徳島を離れた以後のこと。
帰省で眉山にのぼり、山頂にある「モラエス館」に気付いたのが始まりでした。
それまで知らなかったのですから徳島県人として恥ずかしい限り……。

2018年4月、文理大に通い始めた私は、その道中にモラエスのポスターを発見!
徳島市中央公民館でした。




このときは、特別展示をしているのかと思っていたのですが、後に、眉山山頂からここに移転してきたのだと知りました。

4姉妹、長女のK子です。

去年4月に就職した新人看護師に対して、

一年間実施してきたKOMI基本コースが終了しました。

教育にあたる病棟主任たちは、これが終わるとホッとするそうです。

評価表を見ながら、一年目の看護師たちの成長と、

それを嬉しそうに話す主任たちの表情からは、研修後の達成感を感じました。

今回の研修は、一年間学習してきた目的論・対象論・方法論を、事例を使って復習することがねらいです。

事例は当院事務職員の入院体験記「つくづく思い知らされた“看護”の大切さ」

看護とは何かをたくさん教えてくれる体験記。

私たちが学んで欲しいと思っていたことは、しっかりと伝わっていました。

 

KOMI基本コース1〜5


学んでほしいこと



 

4姉妹、長女のK子です。

 

1月12日〜13日(土・日)、2018年度最後のセミナーが行われました。場所は今回もお茶の水sola・cityカンファレンスセンターです。


12日のトップバッターは、金井先生の「脳神経疾患」をケアの視点でみつめる。

 

最新の知見とともに、KOMI・生命の維持機構概念図」が紹介されました。


人体そのものを「動物性器官」と「植物性器官」の観点から捉えた三木茂夫先生の考えを円の中に入れ、円の外は「外部環境」、中は「内部環境」を示し、生体の内部環境を一定に保ち続けようとするホメオスタシスの3つの柱「神経系-内分泌系-免疫系」を盛り込んだ、KOMIオリジナルの生命の維持機構概念図です。

ケアの視点で病気を見つめるとき、この概念が考え方の中心になります。
 

4姉妹、長女のK子です。

まずは、メリークリスマス!

娘宅のツリー、孫たちが飾りつけをしました。


さて、12/22・23(土・日)、NPO法人ナイチンゲールKOMIケア学会主催、
KOMIケアセミナーの3・4回目がありました。

場所はお茶の水

sola city カンファレンスセンターです。




続きを読む >>


Selected Entry

Archive

Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Mobile

qrcode

Search