4姉妹、長女のK子です。

去年4月に就職した新人看護師に対して、

一年間実施してきたKOMI基本コースが終了しました。

教育にあたる病棟主任たちは、これが終わるとホッとするそうです。

評価表を見ながら、一年目の看護師たちの成長と、

それを嬉しそうに話す主任たちの表情からは、研修後の達成感を感じました。

今回の研修は、一年間学習してきた目的論・対象論・方法論を、事例を使って復習することがねらいです。

事例は当院事務職員の入院体験記「つくづく思い知らされた“看護”の大切さ」

看護とは何かをたくさん教えてくれる体験記。

私たちが学んで欲しいと思っていたことは、しっかりと伝わっていました。

 

KOMI基本コース1〜5


学んでほしいこと



 


この事例は「看護覚え書」を構造的に学ぶことができます。


事例検討(グループ発表)
4グループにわかれて議論し、模造紙に書いて発表。

ケアの5つのものさしにそって評価し、気付きをみんなに伝えていきます。

1グループごとに担当の主任が解説・コメント。

「いいよ、その気付き!」「そのとおりだね」

「病人にとってどうなの?」

「この苦痛は2つのうちのどっちかな?」等々。

 


換気の大切さ、看護師の観察の重要性がよくわかった。

「何のために看護師は存在するのか」を考えさせられた。

 


皮膚の清潔は、単にきれいにするだけではなく、回復意欲を高めることにつながる。

病期に適した“変化”をみきわめることが大切。

 


細胞のつくりかえに“睡眠”がどれほど重要かがよく分かった。
ベッド上安静ではあるけれど、

上肢は使うことができるので、持てる力を最大限に生かせる生活過程を私たちが創る、

等々の意見がありました。

 

 

 

阪南中央病院 ナイチンゲールKOMIケア理論教育コースの変遷

      ※看護部ホームページをご覧下さい。

Comment
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2019/02/08 02:04





   

Selected Entry

Archive

Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Mobile

qrcode

Search