今日は、いよいよ始まった石川元副院長による「看護覚え書」の学習会の模様を紹介します。主任と教育委員長を対象に、シリーズで行います。第1回目は、これから「看護覚え書」をどう読んでいくのかと、歴史について学びました。





「覚え書きが書かれた頃の話しを聞けて、更に興味が湧いた。」「時代背景の移り変わりを聞きながら、環境のことは今の時代にもリンクしている。自分のやっている看護と結びつけて考えていくと、おもしろい。」「ナイチンゲールの言い回しは難しいが、副院長の解説でわかりやく、興味深くなった。」などの感想がありました。
大変貴重な講義なので、しっかり聞いて自分の看護を見つめていきましょう。
そして、現場での実践に結びつけ、後輩の持てる力を引き出せる先輩になりましょう。
全国から聴講希望が寄せられたらどうしましょ…と思っていますが、阪南中央病院で働く看護師ならではのスペシャルプランでございます。ご了承のほどよろしくお願いいたします。

by-三女M

Comment





   

Selected Entry

Archive

Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Mobile

qrcode

Search