先日、太成学院大学の学生さんが
実習に来られました。
最終日に、地域包括ケア病棟のスタッフへ、とても素敵なメッセージを下さったんです。

病棟師長が目をウルウルさせて、色紙を看護部に持ってきて、実習を受けた感想をこう語りました。

「私は師長として、師長業務を説明する中で、自分を見つめながら出来、私も学ばせてもらいました。学生担当者も、担当してよかったって泣いてましたわ〜」
メッセージを見て、私ももらい泣き。阪南看護が、しっかり学生さんに伝わっているからです。それは、病棟でいつも患者さんに関心を持ち、ケアを実践する先輩の姿をしっかり見てくれていた証です。

皆んな、国家試験合格してね。
ちょいと早いけど(笑)
皆んなで応援してるよ〜〜
自慢ですが、うちの職員は人類皆兄弟みたいな人ばかりで、あったかいわ〜〜。

Comment





   

Selected Entry

Archive

Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Mobile

qrcode

Search