JUGEMテーマ:七夕

7月7日

皆さんはどんな七夕を過ごされましたか?

 

我が家の3歳の娘、2歳の息子の子供達は

朝から元気に七夕の歌を大合唱していました

 

2人『たなばた さ〜らさら〜 ♪』

2人『さ〜らさら〜 ………???』

娘「おかあさ〜ん。つぎなに?」

 

どうやら続きが分からないらしく歌が一向に進みません。

娘に聞かれた私もメロディーばかりが頭の中をグルグル。

歌詞が思い浮かばず、とうとう娘には「大人なのに何でわからいの!」と怒られる始末。

 

すると息子がバタバタと走ってきて

大きな声で一言

 

息子「あれくちゃ〜!たなばたのうたかけて!」

私「!!!!」

娘「アレクサにかけてもらったらいいじゃん」

 

旦那が面白がって買ったAmazon Alexa。

音声に反応していろんなことをしてくれ、ニュースや音楽、コミュニケーションもとれる賢いAlexa。

私には使いこなせず(使う時間もなく)、ほこりをかぶって鎮座している彼女(女の人の声で話すので…)の活用方法を子供達はよく理解していた

 

私「Alexa 七夕の歌かけて」

Alexa「Amazon musicで七夕様を再生します(七夕様♪が流れる)」

娘「そうそう!これこれ!」

息子「これこれ!」

 

これは、こうやって活用するのか…


七夕の歌が七夕様というタイトルだったことも知らなかったし、2人がAlexaを使いこなせていることにも驚いた1日だった

 

このあと無事に七夕の歌が歌えて満足した2人。

エンドレスで続く七夕様を聞きながら、娘が保育園の先生と一緒に書いたという短冊を見ていろいろと考えてしまった母でした…

 

 

 

by ママWOC

4姉妹、長女のK子です。

 

2019年6月27日、記念すべき日になりました。

大阪サミット?

いえいえ、そうではありません。

 

何と25年ぶりに『ナイチンゲール看護論・入門』の改訂版、新版 ナイチンゲール看護論・入門が出版されました!

 

待ちに待った改訂版!

金井一薫先生の長年の研究テーマであった、

「病気とは回復過程である」が、新しい視点で読み解かれています。

一気に読んでしまいました。

 

わかりやすい!

実践で役立つこと間違いなしの一冊です。

 

 

6月21日、大阪府eナースセンター主催の看護職フェアに参加しました。
当院のブースにも来て下さり、次は当院の見学会にも来て頂くことにもなりました。
ありがとうございます。





看護師、補助者さんの見学会は随時行っていますので、まずは見学にお越しください。みんなでお待ちしています。

by-三女M

今年度定例学習会
石川元副院長の「看護覚え書」第2回目でした。


読んだだけでは、なかなか理解しずらくても、石川元副院長に教えてもらえることで、興味も湧いてきます。
日常的に耳慣れた文言もあるので、そういうことか、と、スーッと入る学習会です。

皆んな真剣に学んでいました。

by-三女M

今日は、いよいよ始まった石川元副院長による「看護覚え書」の学習会の模様を紹介します。主任と教育委員長を対象に、シリーズで行います。第1回目は、これから「看護覚え書」をどう読んでいくのかと、歴史について学びました。





「覚え書きが書かれた頃の話しを聞けて、更に興味が湧いた。」「時代背景の移り変わりを聞きながら、環境のことは今の時代にもリンクしている。自分のやっている看護と結びつけて考えていくと、おもしろい。」「ナイチンゲールの言い回しは難しいが、副院長の解説でわかりやく、興味深くなった。」などの感想がありました。
大変貴重な講義なので、しっかり聞いて自分の看護を見つめていきましょう。
そして、現場での実践に結びつけ、後輩の持てる力を引き出せる先輩になりましょう。
全国から聴講希望が寄せられたらどうしましょ…と思っていますが、阪南中央病院で働く看護師ならではのスペシャルプランでございます。ご了承のほどよろしくお願いいたします。

by-三女M

4姉妹、長女のK子です。

5月12日はナイチンゲールの誕生日。

1820年生まれなので、来年、生誕200周年を迎えます。

WHOでは、生誕200周年を記念し、

 

   「2020年 看護の年と宣言。

今日は、看護について考える日にしたいと思います。



皆さんこんにちは。桜が満開になってきましたね。「平成」から「令和」に変わる2019年度の春。今年もフレッシュな仲間が元気に入職です。


まずは、集合教育を4日間受け、いよいよ各部署でのオリエンテーションが始まりました。写真は静脈注射や輸液作成などの研修風景です。
新人さんも、先輩も頑張っています。



by-三女M

4姉妹、長女のK子です。

3月24日、ナイチンゲールKOMIケア学会解散総会が開かれました。




詳細はナイチンゲールKOMIケア学会のHPをご覧ください。

https://blog.goo.ne.jp/fnkomi
 

 

解散総会は午後から。
いつもはとんぼ返りですが、前泊して午前のあいた時間に湯島聖堂を散策。


ソラシティ・カンファレンスセンターから湯島聖堂を臨む

 

寺でも神社でもなく、

儒教の始祖・孔子をまつり、「日本の近代教育発祥の地」といわれている湯島聖堂。

 

春はもうそこまで来ていますが、まだ少し肌寒い日が続きますね。

今日は2月の院内研究発表会の様子をご紹介します。
ポスターと口演に分けて発表です。今年も様々な部門からの発表でした。看護学生さんも聞きに来て下さいました。



ポスター発表会


by-三女M

4姉妹、長女のK子です。

徳島文理大の大学院に通い始めて1年が経とうとしています。

徳島と言えば、阿波おどり、すだち、人形浄瑠璃、眉山…等々、いろいろと思い浮かびます。




私はここに、ポルトガルの外交官であり文筆家であったモラエス(ヴェンセスラウ・デ・モラエス)を加えます。

モラエスの存在を知ったのは、18歳で徳島を離れた以後のこと。
帰省で眉山にのぼり、山頂にある「モラエス館」に気付いたのが始まりでした。
それまで知らなかったのですから徳島県人として恥ずかしい限り……。

2018年4月、文理大に通い始めた私は、その道中にモラエスのポスターを発見!
徳島市中央公民館でした。




このときは、特別展示をしているのかと思っていたのですが、後に、眉山山頂からここに移転してきたのだと知りました。

続きを読む >>


Selected Entry

Archive

Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Mobile

qrcode

Search