暑い日が続きますが、いかが
お過ごしですか。
学生の皆さまはいよいよ夏休み〜〜

さて、病院見学会の5回目が
終了しました。

第4回目のお話しです。
4名の方が土砂降りの中お越し頂き、
ありがとうございました。


いつも先輩と交流して頂く時間を
作っています。
お話ししやすいように、担当者は
席を外しています。
今回の先輩は、当院入職6年目の急性期病棟のHさん。


最後の挨拶の時、
「しつこいけど、皆さん、うちはとっても働きやすい病院です。お給料も大切ですが、とにかく人間関係がよく、働きやすいのが一番なんです。是非、よろしくお願いします。私も産休明けには帰ってきますから。」と、笑顔で伝えてくれました。

その後、病棟見学に回ると、
色々な病棟で、先輩が
阪南看護の良さを伝えてくれました。
もちろん、打ち合わせなんかなしです。

学生の方のみでなく、
只今お休みしていて、
働こうかな?と迷い中の方も
一度お越し下さい。
これからインターンシップ
も始まります。
お待ちしています。

少し前になりましたが、今年度入職された皆さまと、院内で懇親会を行いました。

皆さんの自己紹介がとてもユニークだったんです。自分達で、ネタを考えて
披露してくれました。











先輩もわかるように、優しい心遣いで、古いお笑いネタあり、皆が共感できるあるあるネタありで
皆で笑って過ごしました。

とてもユニークでセンスある皆さん、
これから一緒に頑張りましょう。

みなさんこんにちは。
いよいよ4月に入り、春本番となりました。遅くなりましたが、国家試験合格おめでとうございます。
当院にも沢山、新入職の方がきてくれました。

職員一同、この日を楽しみに待っていました。今日からは、一緒に阪南の看護を皆さんに届けましょう。



国家試験の発表日が近づきましたね。
看護学校卒業の皆さん、いかが
お過ごしですか。

先日、2015年度新採用である
新卒看護師の1年目最後の研修
を行いました。
その名も「1年目まとめ研修」
そのまんまのネーミング(笑)

2014年度国家試験を見事合格した
皆さんの先輩ですね。

1年間頑張った自分を見つめ、
どんな時に辛かったのか、
どうだったから頑張って
これたのか…について
一緒に頑張った同期生で
グループディスカッション。

その後、プリセプター(先輩)が、
プリセプティ(1年目看護師)へ
メッセージです。


実は、この日は、
M看護専門学校の先生が
サプライズで来て下さいました。
1年目看護師のほとんどが
卒業生で、担任の先生からの
激励の言葉の時に、皆が
泣く泣く!!
研修担当者も、もらい泣き。
だって、
先生の一言目が、泣き声で
始まりましたから。



皆、真面目すぎ
もっと楽しんで!というと、
鼻に指って…しかも先生〜


先生から、
「プリセプターさん達の
メッセージが素晴らしかった。
温かく、本当によくみてきてくれ、
感謝します。愛情を感じます。」
と、お言葉を頂きました。

最後は、2年目に向けての自分の
目標と行動計画をたてて
終わりました。

1年前にキラキラ輝く瞳を持って
入職してきたこの皆が、
次に入職される
皆さんを楽しみに待っています。
もちろん、全職員で!







少し日にちが経ってしまいましたが、
院内研究発表会をご紹介します。

医療の質を評価しよう!
PART IV
〜わが職種、わが部署、わが委員会〜
これが、テーマです。
2015年度は、口演発表6題、
ポスター発表14題という沢山の
演題でした。








整形外科医師の発表は
エコーの動画もあり
大変興味深い発表でした。


質問も活発



ポスター発表は別日でしたが
このように、展示もしました



毎年、沢山の職種が、自分達の部署の
取り組みをまとめ、発表するため、
勉強になります。
また、来年も楽しみです。

皆様、新年明けましておめでとうございます。今年も一年間、阪南中央病院看護部をどうぞよろしくお願いします。

では、新年第一号は
病院長のご挨拶からです。



毎年、仕事初めの夕刻に院長の
挨拶を聞き、多職種の皆さんと
懇親会があります。



豪華ホテルでのディナー新年会
とはいきませんが、そのくらい
美味しいお料理を頂いた気持ちに
なるくらい、温まる会でした。



今年は申年。
’’見ざる聞かざる言わざる”と言いますが、”視る申、聴く申、言う申”
これでいきまっせ〜
私たち看護師は、いつでも患者さんを看護の視点でみて、声に耳を傾け、仲間とは看護が言い合える、そんな阪南申軍団
でがんばりますので、よろしくお願いします。

JUGEMテーマ:災害対策

12月19日土曜日の午後から、2015年度災害研修実働訓練がありました。

災害設定は、紀伊半島沖を震源とする大地震が発生!松原市は震度5強!!
近隣の負傷した住民の受け入れや医療機能に支障がでた近隣医療機関からの患者受け入れを想定し訓練が開始されました。

今回の訓練では、大阪府立松原高等学校の学生さんに患者役を
特殊メイクを大阪デザイナー専門学校特殊メイク学科の学生さんに協力して頂きました。
本物そっくりのメイクをしてもらい、訓練がよりリアルになりました!!


↑当院の職員。頭部裂傷と腹部打撲の患者さん役。顔色悪すぎ…




高校生の皆さんも痛々しいメイクをされていましたが、みんな楽しそう♪

↓特殊メイクを担当してくれた皆さん。ほんとにリアルなメイク感動しました!!

いよいよ訓練開始。
緊急地震速報の放送から始まると同時に、まずは自分の身の安全。
建物が揺れる音が放送されると緊張感が高まりました。


災害本部が立ち上がり、患者さんの受け入れ開始。
玄関前では、患者さんの重症度を判別するトリアージが行われ
重症度に合わせてそれぞれのゾーンに運ばれていきます


歩ける軽傷の患者さんは緑ゾーンへ


中等度の患者さんは黄色ゾーンへ

職員のお子さんも特殊メイクをしての参加。緊迫した雰囲気だったのに怖がらすに頑張ってくれました!

重症患者さんは赤ゾーンへ

患者さん役の皆さんが迫真の演技を披露。アカデミー賞ものでした。


2時間の訓練でしたが、終始、緊迫した雰囲気で行われ、
参加者それぞれがよかったところ、反省するところがありました。

いつ大災害が起こるか分からないため、日頃の積み重ねが大切なことを改めて実感する1日でした。

最後は、栄養科が準備した非常食用のカレーを参加者全員で試食♪
非常食とは思えない美味しさでした!
 

本日はスキンケア対策委員による、褥瘡予防対策の研修でした。
当院は、褥瘡院内発生率0.2%以下を目標に、記録更新中です。

一に観察、二に観察。
予防対策にかける情熱は半端ないのです。
研修担当者にも力が入ります。

「ズレ、摩擦って口で言うけど、
どんな感じやろ?」
さ、いざ体験



新人Ns「うー…動きたいよ〜」
担当者「あかんよ、動いたら。今がまさに体験やで」



担当者「どう?」
新人Ns「患者さんって、しんどいんですね…」

じゃあ次はポジショ二ングによる、体圧分散とは??
さ、またまた体験してみよう。
研修医も一緒にがんばっています。




手術室Nsも予防を一生懸命行っています





ベッド上で過ごされる患者さんの体位を経験することで、予防ケアを学ぶことができたのではないでしょうか。

スキンケア対策委員は、これからも情熱メラメラ頑張ります。
by-KAYO

皆さん、こんにちわ。今日の紹介は暑い中、一生懸命頑張って来てくれている
美原看護専門学校の皆さんです。

実習室で、昼休みも一生懸命、記録中
お邪魔しました。







少し、手を止めて頂き、とっても素敵な笑顔をもらいました。



何か、いつもの感じでいいよ〜
と、いうと…



「え?どんなポーズにする?」
「これにする?」と。



弾けちゃおう
で、更にこんなに活き活きした皆さんの
姿を見せてくれました。



「始めは慣れなかったけど、今は、患者さんに触れ合うことで、楽しくなってきました。」とコメントしてくれました。

近しい歳の先輩も、古き良き時代の先輩も、皆が通ってきた道です。
先輩達が温かく見守り、応援していますよ。皆さん、まだまだ暑いけれど、看護師目指して実習頑張って〜



患者さんの療養環境を安全に安心して過ごせることを、皆で考えています。

当院では、看護部感染管理チームと、医療安全業務検討委員会が主になり、検討しています。

環境クロスについて、皆で使ってみて考え中。



看護部の会議用机まで、とても綺麗になりました。
看護部感染管理チーム、1人カメラ目線に爆笑あり。




皆さんの検討で、患者さんの療養環境がより、清潔になります。



Selected Entry

Archive

Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Mobile

qrcode

Search