4姉妹、長女のK子です。

今日はナイチンゲールの命日。
没後100年の2010年8月13日、ナイチンゲール研究の第一人者である

金井先生について墓参に出かけました。

ナイチンゲールのお墓は、ロンドンの南西に位置する、

ハンプシャー州イーストウエロウ村の聖マーガレット教会にあります。


4姉妹、長女のK子です。

 

6月に開催されたナイチンゲールKOMIケア学会でのこと。

金井先生がロンドンでの学会発表の様子を報告され、

そして、たくさんの写真を見せてくださいました。

その中になつかしい写真があって、

私も2010年に聖トーマス病院を訪問した際の写真をあらためて見直しました。

 

この写真です。

4姉妹、長女のK子です。

先週半ばより喉が痛かったのですが、学会中に本格的な風邪っぴきに。
速報じゃなくなりましたが、忘れないうちにナイチンゲールKOMIケア学会の感動を伝えておきたいと思います。

ここでは、2日目午後のパネルディスカッションの報告を。テーマは「KOMIケアで自然の終末過程を創る…!

写真は最後のパネリスト、松本京子さん著

ホームホスピス「神戸なごみの家」の7年”の表紙です。
一気に読み終えました。
理念をかたちにした松本さん、素晴らしい!

4姉妹の長女K子です。

学会1日目終了!
御茶ノ水にある学会会場のソラシティカンファレンスセンターは
とてもきれいな会場です。



近くにニコライ堂が見えます。

4姉妹の長女、K子です。
今年もナイチンゲールKOMIケア学会の季節がやってきました。

6月25日-26日、東京お茶の水にあるソランシティカンファレンスセンターにて
第7回総会が開催されます。
本学会の前身である
KOMI理論学会」の第1回目から数えると、
ちょうど20回目にあたる記念すべき集会に、
阪南から2題発表できて嬉しい限りです。

大会テーマは、

理念をかたちに! 
ナイチンゲールKOMIケア理論が創る実践のかたち

看護部前の掲示板には学会案内のポスターが貼ってあります。

4姉妹、長女のK子です。
仕事は好きですが、やり過ぎてはイケマセン。
年報づくりで根を詰めすぎ、頭(脳細胞)と心がショートしてしまいました。

ナイチンゲールの一言

5月12日はナイチンゲール生誕196年。
生誕200年の2020年まであと4年です。
思い出深い写真を紹介します。
 

第17回日本褥瘡学会か8月29-30日の2日間、杜の都 仙台で開催されました。
学会といえば、毎回前日入りしてすることがあるのですが、その報告は次回に。

今回の学会参加目的は、2013年から始まり、3回目となるコンセンサスシンポジウム「MDRPU(医療関連機器圧迫創傷)の予防・管理ベストプラクティス策定に向けて」を確認すること。
実り多い学会でした。

いよいよ今週末から、大阪つるやTSURUYAホールでのKOMIケアセミナーが始まります。

7月初め、北海道室蘭へ。
そのとき見た景色が、KOMI理論の対象論「自然過程」にピッタリとリンクしました。
自然過程は一番外側です。



人間も地球という惑星のなかに生きる一生物。地球という自然環境が持っている諸要素を、十分に「生活過程」や「社会過程」のなかに取り込まなければ、「生命過程」や「認識過程」の健康は保てない、と解く《KOMI理論の素晴らしさ》を実感した瞬間でした。
<地球岬より>

 


Selected Entry

Archive

Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Mobile

qrcode

Search