本日のご紹介は、看護補助者会の模様です。ブルーのユニフォームが看護補助者さんです。看護師と一緒に、患者さんに安全で安心のケアを届けられるように、毎月学習会を行っています。

今回は、前半は尿管留置中の患者さんの、清潔な尿の回収についての実践編です。皆さん、うん、うんと相づちで聞いてます。





後半は電話の対応編。
電話対応マニュアルをまず読み合わせ、実際に詰所で主任がお手本。
皆さん真剣に学ばれています。
時には笑いもあり、和やかムードの学習会です。




阪南中央病院では、時間内で学習会を行っています。これからも協力し合って、
患者さんの生活過程を整えていきたいと思います。


こんにちわ、夏本番という暑さになりました。皆さん、水分補給をして
熱中症対策しましょうね。

さて、話しは5月に遡るのですが、当院の石川恵子副院長が、大阪府看護事業功労者として表彰されました。
表彰式は、5月9日ナーシングアート大阪で行われました。また、代表として謝辞を述べられました。



これは阪南中央病院にとっても大変名誉なことであり、5月18日に病院あげての祝賀会が行われました。

まず、理学療法士さんによる演奏で幕は開けました。
副院長の大好きなアーティストの曲(さて、誰の曲?)を見事に演奏して下さいました。
H師長手作りのくす玉も心和みました。



その後は副院長の新人時代のプリセプターナースの方などゲストも迎え楽しい時間を過ごしました。
そして、ナイチンゲール研究所所長でNPO法人ナイチンゲールKOMIケア学会理事長の金井一薫先生を東京からお招きし、
基調講演では副院長との出逢いからのエピソードも聞くことができました。

他職種、看護部をつないで来られた副院長の周りにはいつも色々な方が来られます。
本当に楽しくて、心が温かくなる祝賀会でした。


 

7月11日(土)病院見学会に2016年3月卒業予定の看護学生さん5名が見学に来てくださいました。

このあとも、病院見学会とインターンシップを予定しています。

JUGEMテーマ:看護

当院では、外来診療アシスタントが8名います。
外来診療アシスタントとは、外来診療の補助を行っている事務職の方をいいます。


元々、当院で事務をしていたアシスタントの皆さんは
医療や看護の知識が少ないため、患者さんと関わる内容の勉強会を
外来師長・主任会が主催で毎月行っています。


本日のテーマは「褥瘡予防」でした。

褥瘡予防について、講義を15分聞いた後に
実際に演習を行いました。
演習では、外来受診された患者さんがストレッチャーで
待機される場面での除圧方法を勉強しました。

みなさん興味をもって取り組まれていました。







JUGEMテーマ:七夕
 
7月7日は七夕ですね
院内でも七夕の飾りつけをしています
治療が優先されがちな病院の中で
少しでも季節感を感じてもらえるよう毎年、実施しています


正面玄関前には大きな笹に、色紙や色とりどりの短冊が飾られ
「家族が元気になりますように」
「早く病院を卒業したい」
など、病気の早い回復や入院、通院中の家族の健康を願う短冊が多くみられ
私たちも少しでもいい看護ができるように頑張ろう‼とあらためて感じます


看護部・人事課からのお願いごとは
「看護学生さんの国家試験合格!!!」
受験生のみなさんは七夕どころではないかもしれませんが
病院全体でみなさんを応援していますので頑張ってください!

7月7日はどうか晴れますように…☆







 

今日は教育委員のメンバー対象の研修でした。テーマは、「Excelを学ぶ」です。情報企画室のスタッフが全勢力をあげて、ICT苦手世代向けに丁寧にレクチャーしてくれました。
これで今後の研修企画や、評価など…
グラフだらけになること乞うご期待??

8月から始まる、大阪つるやTSURUYAホールでの『KOMIケアセミナー』の参加者を確認しました。

金井先生から直接KOMIを学べる絶好の機会です。
研修費用は病院からでます。

一般演題発表、どこも素晴らしかったです。
当院の発表者も堂々と報告できました!



いよいよ発表です。
写真は今学会のテーマ
『やってみよう。
    まぁまぁ楽しいケア。

6月27日・28日と幕張で学会。
阪南中央病院から2題発表します。