7月25日 看護ナビフォーラム病院説明会に参加しました。
当院のブースに来てくださった皆さん。ありがとうございました。
病院見学にも、是非ご参加ください!


 

皆さん、こんにちわ。今日の紹介は暑い中、一生懸命頑張って来てくれている
美原看護専門学校の皆さんです。

実習室で、昼休みも一生懸命、記録中
お邪魔しました。







少し、手を止めて頂き、とっても素敵な笑顔をもらいました。



何か、いつもの感じでいいよ〜
と、いうと…



「え?どんなポーズにする?」
「これにする?」と。



弾けちゃおう
で、更にこんなに活き活きした皆さんの
姿を見せてくれました。



「始めは慣れなかったけど、今は、患者さんに触れ合うことで、楽しくなってきました。」とコメントしてくれました。

近しい歳の先輩も、古き良き時代の先輩も、皆が通ってきた道です。
先輩達が温かく見守り、応援していますよ。皆さん、まだまだ暑いけれど、看護師目指して実習頑張って〜



患者さんの療養環境を安全に安心して過ごせることを、皆で考えています。

当院では、看護部感染管理チームと、医療安全業務検討委員会が主になり、検討しています。

環境クロスについて、皆で使ってみて考え中。



看護部の会議用机まで、とても綺麗になりました。
看護部感染管理チーム、1人カメラ目線に爆笑あり。




皆さんの検討で、患者さんの療養環境がより、清潔になります。


JUGEMテーマ:研修

今日は事務職員対象の研修がありました。
テーマは「接遇」

病院を入って一番最初に患者さんに対応する事務職員は病院の顔。
体調が悪く、しんどい思いをしながら受診に来られた患者さんが
少しでも安心できる対応ができるよう
実際の事例を通してディスカッションを行いました。


事例を熱演したのは、病院で一番演技の上手い看護師。
その熱演ぶりに、参加者全員が見入っていました。


自分たちの接遇を見直す機会になり
たくさんの意見がでた研修になりました。








 

先日、年に一度の病院各部門長が集う研修がありました。年報、方針書を片手に白熱した議論を行いました。


終了後は恒例になった女子会ランチに
行きました。イタリアン美味しかった〜





女子会といってもガールズトークではなく、ま、婦人会かな?
台風が去った直後とあり、話題は西除川
(にしよけがわ)が昔、氾濫した時に自分はいくつだったのか?です。
「私は働いてたわ」「私は小学生や」
「いやいや、そんなはずはないやろ〜」
「あんたいくつなんよ?」
「あの時、牛が流されたね」
「いやいや、あれは豚やろ〜」と、箸が転んでも笑う年が遥か昔にありましたが、自信たっぷりの曖昧な記憶大会。
今もこういうことでも、大笑いできる年頃の集まりです。

あと、観察力が鋭く、疑問があれば曖昧に終わらせたくない年代。
次の写真に出てくる紫の葉野菜に着目。
これに話題は集中です。
皆さん、何だかわかりますか?



正解は…
トレビスというイタリア産のキク科の野菜なんだそうです。豆知識でした。

最後は美味しいスイーツで楽しい時間はあっと言う間に過ぎました。




7月初め、北海道室蘭へ。
そのとき見た景色が、KOMI理論の対象論「自然過程」にピッタリとリンクしました。
自然過程は一番外側です。



人間も地球という惑星のなかに生きる一生物。地球という自然環境が持っている諸要素を、十分に「生活過程」や「社会過程」のなかに取り込まなければ、「生命過程」や「認識過程」の健康は保てない、と解く《KOMI理論の素晴らしさ》を実感した瞬間でした。
<地球岬より>

 

おはようございます。台風の日の出勤、通学大変ですが、今日も一日頑張っていきましょ〜。

今日の話題は、病院合同説明会の開催のお知らせです。7/25に梅田スカイビルタワーウエスト10Fで行われます。
たくさんの病院が参加されますので、どうか阪南中央病院のブースめがけて来て頂きたいと思います。はっぴ姿のスタッフが皆さんをお待ちしています。




本日のご紹介は、看護補助者会の模様です。ブルーのユニフォームが看護補助者さんです。看護師と一緒に、患者さんに安全で安心のケアを届けられるように、毎月学習会を行っています。

今回は、前半は尿管留置中の患者さんの、清潔な尿の回収についての実践編です。皆さん、うん、うんと相づちで聞いてます。





後半は電話の対応編。
電話対応マニュアルをまず読み合わせ、実際に詰所で主任がお手本。
皆さん真剣に学ばれています。
時には笑いもあり、和やかムードの学習会です。




阪南中央病院では、時間内で学習会を行っています。これからも協力し合って、
患者さんの生活過程を整えていきたいと思います。


こんにちわ、夏本番という暑さになりました。皆さん、水分補給をして
熱中症対策しましょうね。

さて、話しは5月に遡るのですが、当院の石川恵子副院長が、大阪府看護事業功労者として表彰されました。
表彰式は、5月9日ナーシングアート大阪で行われました。また、代表として謝辞を述べられました。



これは阪南中央病院にとっても大変名誉なことであり、5月18日に病院あげての祝賀会が行われました。

まず、理学療法士さんによる演奏で幕は開けました。
副院長の大好きなアーティストの曲(さて、誰の曲?)を見事に演奏して下さいました。
H師長手作りのくす玉も心和みました。



その後は副院長の新人時代のプリセプターナースの方などゲストも迎え楽しい時間を過ごしました。
そして、ナイチンゲール研究所所長でNPO法人ナイチンゲールKOMIケア学会理事長の金井一薫先生を東京からお招きし、
基調講演では副院長との出逢いからのエピソードも聞くことができました。

他職種、看護部をつないで来られた副院長の周りにはいつも色々な方が来られます。
本当に楽しくて、心が温かくなる祝賀会でした。


 

7月11日(土)病院見学会に2016年3月卒業予定の看護学生さん5名が見学に来てくださいました。

このあとも、病院見学会とインターンシップを予定しています。